片貝旧港第一二三丸 イサキ五目釣り

 

梅雨に入る直前は湿気の少ない爽やかな海風を頬に感じながら釣りを満喫できる最高のシーズンである。そう、梅雨と言えばイサキが脳裏に浮かぶ釣り人は多いだろう。そこで良型イサキばかりが釣れる「イサキの北限エリア」とも言われる外房九十九里の片貝港に出掛けてきた。乗り込んだのは第一二三丸。どうしてその船宿を選んだのかと言われると正直困る。実は隔週刊雑誌「つり丸」にレギュラーページを持つ盛川さんが主催する「つりなび」があり、特定の宿に乗船割引券をヤフオクで入札して競り落とせるシステムがある。その割引券の宿のひとつが二三丸だったというわけ。しかも、割引額が凄い。4500円というから驚く。とはいえ、うまく競り落とせなければ購入することはできない。運とタイミングが大きく左右するギャンプル性の高い割引券といっていい。

 

さて、自宅の藤沢市から片貝港はとても遠い。従って、前泊したかったのだが、二三丸では素泊りができない。そこで考えたのが港内での車中泊だ。この爽やかな時期ならでは車中泊は一人でも楽しい。いや、たぶん一人だから面白いのだろうと思う。自宅を出発したのは27日土曜日の夜9時頃。片貝旧港に到着のが午後11時30分。途中のスーパーで購入したビールを飲みながら缶詰やら乾きものを食べて、就寝したのは12時30分頃。目覚めたのは午前3時過ぎ。実質的な睡眠時間はたぶん90分もなかったと思う。集合時間が3時30分だからちょうど良い時間だが、周囲は暗闇の中に、二三丸の船体に灯された灯りと周辺の釣客らのクルマの車内ライトが照らされている。

 

すでに受け付けを済ませて、半数以上の人が乗り込んでいた。右舷で7人、左舷で6人。
私は右舷のトモから3番目に釣座を構えた。バッテリーを積み忘れたので女将さんに言って貸してもらった。水深は深くはないが、手返しの点で有利になるだろうと考えて超小型電動リール(電動丸400c)を持ち込んだ。ロッドは20〜80号の6対4調子の万能ロッド1.8mである。ビシはサニービシのFL60号。片天秤を使った全長3m程度の3本針仕掛けである。クッションゴムは2m系15cmの極短いものを装着。タナボケ防止のためだ。

 

初めての場所で初めての船宿だから分からないことも多い。右隣に座っていた石上さん(四街道市在住)にポイントまでの時間を聞くとなんと1時間ぐらいというではないか。当日は北東風の弱い風だから揺れは少ないものの1時間のクルージングとは恐れ入った。
普段釣行する湘南エリアと比較すると、時間的にも大変だなぁ、というのが正直な印象である。

 

だが、最初のポイントに到着してから水深27m前後で釣開始となったのだが、釣れ上がるイサキのサイズが素晴らしい。平均しても30cm前後という良型ばかり。小ぶりサイズがほとんど混じらないのが何より嬉しい。穂先に出るググッとくる小気味良いアタリとリールを巻き始めてからのギュンギュンと突っ込む強引な感触が堪らない。残念なのがなかなか一荷で釣れないこと。追い食いを待っていてもダブル掛けはほとんどできない。1匹のサイズが30cm前後だと重量感もあって、ダブルを狙う勇気がわかないのだ。
慎重に巻き上げて1匹を積み重ねるのがご当地流といった感じである。

 

小倉船長はさらなる良型を狙って深場に移動する。水深35〜40m前後に移動してからもアタリは出る。ただタナが合っていないと喰ってこない場面もあったようだ。私はオマツリで仕掛けをロストするまでカラー針の仕掛けを使っていたが、針に掛かってくるのがすべて蛍光グリーンの先針のみ。因にハリスは1.7号の3.5mを使っていた。

 

午前9時を過ぎるとご当地名物のハナダイが混じり始めた。そのサイズも30cm前後と型が良いので強烈な引き込みが楽しめる。リールのドラグが時々滑る場面もあってドキドキ感も味わえた。船長が言うには「あくまでハナダイはゲストだからね。イサキが本命なんですから」と念を押すが、釣趣的にはとっても楽しめる。船中ではたまにマダイも混じるようだが、大半が全長30cm前後のハナダイである。

 

最後の1時間は沖メバルを狙ってポイントを少し移動。水深50m前後で釣り再開。時計の針は午前10時を少し回っていた。それでも、指示ダナに合わせるとコンコン、グングンと穂先がお辞儀を繰り返して巻き上げを促すサインが出る。だが、追い食いを期待して数秒間は待ち堪える。私は運良くトゴットメバルとウスメバルを取り込むことができた。そのあとは隣同士とのオマツリで仕掛けをロストしてジ・エンジに。

 

結局、午前11時に沖揚がり。イサキの竿頭は私の右隣に座った仲乗り役の石上さん(四街道市)の15匹だった。私はなんとか粘って12匹まで追い上げたが、途中のオマツリでタイムロス。とはいえ、良型ハナダイを7匹、沖メバルを2匹釣り上げて久しぶりの大漁を満喫できた。小倉船長は「数は釣れないけど、型もそこそこ。それにメバルなど多彩な魚が釣れた方が後で楽しめるでしょ」と目を細める。

 

港に帰ってきてから昼飯の焼きそばをご馳走になりながら、船長直伝の調理法を色々と聞けたのも有意義だった。イサキの炙り刺し身や青唐辛子を入れたナメロウなど多彩な料理を楽しめるのが二三丸のイサキ五目釣りの真骨頂といえる。私のラストは数年振りに釣った沖メバルだが、その内の1匹が高級なウスメバルだった。水深50m前後でウスメバルを釣ったのは初めて。3日間クーラーBOXに氷り漬けで寝かせた後に食べた刺し身は絶品だった。歯応えと上品な白身の旨味の口の中に広がり、イサキの刺し身とはまた違った感動が味わえた。イサキは皮目を炙ったアブリ刺し身が絶対オススメ。船長に勧められて作ってみたが、脂の凝縮した旨味を感じることができて、サッパリ系の通常の刺し身とは別モノといえる。ぜひ、片貝沖の良型梅雨イサキでお試しあれ。
 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM