鴨居大室港五郎丸 午前ビシアジ釣り

 

6月24日の土曜日、鴨居大室港の五郎丸から午前ビシアジ釣りに出掛けた。今回一緒に乗り込んだのはフェイスブックで釣り仲間となった国分寺市の伊東さん。ビシアジ釣り歴はもうかれこれ5年とのこと。座ったのは左舷トモ側から2番が伊東さん、ほぼ胴の間が私。両舷で10人と週末にしては少ないのは五郎丸店主の粋な計らいで2艘出しとなったからだ。これは助かったと瞬時に思った。
というのも、当日の潮回りが大潮で午前11時が干潮だからだ。つまり、下げ潮で釣ることを余儀なくされるということ。東京湾の下げ(引き)潮は流れが速く、130号のビシでは急流で釣りづらい。

 

案の定、釣り開始となった午前8時頃はトモ方向へ45度近い角度で流され、水深65mでも着底した時に電動リールのカウンターの数字は72m近くになっていた。底立ちを取り直すと、また数メートルは道糸が出て行く感じであった。

 

それでも、底上げ2m前後でポツポツとアタリが出るので、マメにコマセを撒いてグングンとアジ特有の突っ込みのあるアタリは気分はいい。開始から10分足らずで伊東さんが釣り上げたのは良型のマサバ。最近では貴重なマサバは当然血抜きをしてクーラーBOXへ。その直後に私の竿にもアジのアタリが出て、慎重に3mほど手巻きをしてから電動のスイッチをオンに。中速で巻き上げてくると30cm近い良型が1匹掛かっていて慎重に取り込む。基本的にタモを使わずに取り込む無精者の習慣が抜けない。今や貴重な東京湾の良型アジは大切にタモ取りをした方が良い。海面バラシで泣くのも釣り人の自己責任と割り切っているのは私ぐらいだろうか。

 

実は理由がある。今回ちょっと欲張って最初から3本の仕掛けを使ったからだ。どういうことかというと、タモを使うと針掛かりしていない他の針が網目に引っ掛かって手返しが悪くなるからである。しかし、重量のある良型はなるべくタモ取りをした方が悔しい思いを引きずらずにすむことも確かだ。アジの掛かっていない2本の針が網目に食い込むと面倒なことになる。それを避けたかっただけ。

 

ところが、3本針は当日のように潮が速い日には手前マツリが多くなり、それで手返しが遅くなる。今回の私はまさにそのパターン。ハリスのモツレやヨレを手直しするのし手間取り、せっかく釣れている時間をロスしてしまった。

 

午前9時過ぎに船長はポイントを移動。水深は60m前後で多少浅くなったのだが、アジの型も小さくなり、ガックリ。20cmちょっとが平均サイズになり、巻き上げてくる時の重量感が感じられない。引き味も若干弱く、2点掛け(一荷)でもしない限り楽しめない。その2点掛けが上手くできるようになったのは午前11時を回った頃からだ。潮が少し大人しくなり、潮止まり時間に。潮が止まるとアタリも皆無となり、潮が動き始めて上げ潮に変わると道糸が垂直に立つようになり、ダブル掛けを2回と最後に一気に4匹を追加して、午前11時40分に沖揚がりとなった。

 

船中トップは40匹で私は19匹まで追い上げた。最大サイズは全長32cm。朝一番で釣り上げた個体だった。同行した伊東さんも30匹以上は釣っていたと思う。手返しも速く、動きに無駄がない。それと仕掛けをすぐに2本針に交換していたのがたぶん功を奏した感じである。半日船でトップ40匹のほぼ半分も釣れれば充分満足できる。残念だったのは良型のサバを1匹は釣りたかった点だ。

 

自宅に戻って撮影を終えてから魚を捌いて驚いた。腹の中に黄色の真子や白子を貯えたて個体が多く、せっかくなので一番大きな個体から真子を丁寧に引き出してワサビ醤油で食べたが、こいつは旨かった。後はいつもの刺し身とタタキでガッツリと自宅で飲み放題になったことはいつものこと。タタキは長ネギとヒネ生姜を加えて、軽く叩く程度に。叩きすぎるとナメロウになってしまうから要注意。

 

冷蔵庫のチルド室に入れておけば2日目も充分食べられる。実は3日目も刺し身を食べることになるとは思っていなかった。お裾分けは合計6匹。つまり、13匹もあれば家族2人なら充分過ぎると言うこと。大漁の人は干物にする技術と知識があれば1週間はアジの干物で朝食を食べられるでしょう。釣り人の特権とはいえ贅沢な話である。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM