鴨居大室港五郎丸 午前ビシアジ釣り

 

釣り仲間を初挑戦の釣りモノに誘う時に数日間の釣果情報は気になるはずだ。特に竿頭ではなく、スソがゼロとくれば初心者をその釣りに誘うには躊躇するだろう。気難しいタチウオ釣りをビギナーに初挑戦させるには気が引ける状態だったため、急遽釣果が確実なビシアジ釣りに変更したというのが正直なところである。

 

7月23日、日曜日。足を運んだのは鴨居大室港の五郎丸。午前ビシアジ釣りである。前日に予約を入れて釣り座を確保したのは言うまでもない。天候は薄曇りの曇天。風は南西でやや強く吹く予報だが、東京湾なら特に問題はない。乗合船の出船は午前7時30分だが、約1時間前にはほぼ満席状態になっていた。釣り仲間で後輩の栗原君と私が座ったのが右舷ミヨシから2番と3番。タックルは通常タックルだからビシは130号。仕掛けはハリス2号2mの2〜3本針。混雑が予想される場合は手前まつりを付ける意味でも2本か針が理想だ。付け餌は船宿支給の赤タンのみ。

 

当日船長が選んだポイントは水深60〜70mの浦賀水道付近。いわゆる鴨居沖と呼ばれる場所である。船長の合図で一斉にしかけが投入されたのは午前8時過ぎ。周囲には東京湾、千葉県など幅広いエリアからアジ狙いで訪れた船が多く、数隻が固まっていた。

投入直後に分かったことは潮と風向きが逆ということ。トモからミヨシに掛けて流れる潮流に対して風はミヨシから吹いてくる。いつもとは逆のパターンだ。それでもカッ飛んでいるほどではなく、底潮はそれほど速くないようだ。ビシが着底して数回底立ちを取り直すと、道糸の角度は落ち着く感じ。コマセを振って2.5m前後でアタリを待つとグングン、と気持ちの良いアジのアタリが出る。数秒間、追い食いを待って電動リールのスイッチを入れると、重量感のある引きが手に伝わってくる。海面に姿を見せたのは目測35cm前後の良型。だが、スンナリとは抜き上げられない。隣の釣り人の道糸とクロスして上がってくることが多いのだ。慌てずにタモ網で慎重に掬いあげて、釣り上げる場面が多かった。

 

抜き上げるタイミングと針の掛かりどころがが悪ければ間違いなく、海面バラシの連続となることは言うまでもない。当日の潮は大潮の下げ潮。干潮の午前11時頃までは流れが速いことは分かっていたが、オマツリを避けるには苦労する。両隣の釣り人がビシを回収している最中にこちらがビシを投入するのは控えた方がいい。海底か途中で必ずオマツリすることになるからだ。

 

それでも、ポツポツと良型が釣れてくるから楽しいことこの上ない。中には全長40cmもありそうなビッグサイズが釣れてくる。筆者も手返しが悪いながらも35〜36cmサイズを運良く抜き上げることができた。左側に座った栗原君は潮流が速い時の釣り方を心得ているようで、仕掛けトラプルやオマツリを避けつつ、12匹も釣ってなんと竿頭に。右皮に座った森さん(江戸川区在住)はアジ釣りが2回目というのに良型を中心に6匹も釣っていた。一方私はといえば、海面バラシや仕掛けのトラブルで5匹に終わった。ゲストに35cm級のマサバを2本追加できたが、結局午前11時40分に沖揚がり。数より型狙いの五郎丸は数日前から好釣果が続いていた

が、当日はその谷間に当たってしまったようだ。

 

まぁ、当初は気難しいタチウオ狙いの予定だっただけにヨシとしないと。当日のタチウオのスソはゼロだったとか。東京湾の美味しいアジで刺し身とタタキに加えて3日後に塩焼きで食したが、どれも美味で「アジにして良かった」と改めて思った。念願のタチウオはまだまだロングランだから慌てることはない。スソの釣果が10匹以上になったら出掛けようと思う。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM