葉山あぶずり港愛正丸 カツオ&キハダ釣り

 

「山の日」に制定された8月11日、東京の最高気温は8月としてはとても涼しい24度となった。朝から北東の風と曇天で時折霧雨が降り続ける生憎の天候だったが、「大人の遠足」で葉山あぶずり港の愛正丸に乗り込んだ12名は意気揚々だった。狙いはこの時期の人気魚であるカツオ&キハダマグロである。気紛れ回遊魚だけにギャンブル性は高いが、釣れれば強烈な引きと夏らしい味覚を同時に満喫できるとあって出船1時間前にはほぼ全員が集合して、タックルの準備に余念がない。驚いたのはお盆休みの3連休のため混雑は予想できたのだが、駐車場が1時間前には満杯。駐車場の管理人が「もうこれ以上は入らないな、後は隣の有料駐車場に入ってもらうしかないよ」と頭を抱えていたこと。年に何回もない究極の過密状態となった。

 

定刻より少しだけ早く皆とを後にした愛正丸は一路平塚沖を目指した。なんでも沖のパヤオにカツオが大挙して回遊しているという。ナブラを探すより効率が良い。約1時間のクルージングで現着してみると、なんと総勢30隻以上の大船団が形成されていた。釣り開始は協定で7時からと決められているらしい。指示ダナは最初20m前後だったが、すぐに「15mに良い反応が手でいるよ」ということで15mでアタリを待つ。潮は速くないが、カツオの活性は低いようだ。8時を過ぎても船中誰の竿も曲がらない。

 

筆者のタックルはPE8号を800m巻いた大型電動に古いビシアジ竿の組み合せ。仕掛けはハリス16号3mにヒラマサ14号の大物狙いの針をセット。といっても基本は市販仕掛け。コマセはオキアミ。分量は3kgが決まり。付け餌もオキアミだ。付け方は自由だが、回遊するカツオの目に付くように3〜4尾を針に刺して、投入。コマセを振った時に1匹が脱落しても気にしない。マダイ釣り時のようなエサ盗り魚はいないから問題はない。

 

だが、カツオの活性が低い時にはやはりハリス号数は12〜14号程度が良かったようだ。ただし、ハリス長は3m以上に長くすると取り込みが大変になるので要注意。船長によっては「2mでも喰ってくるよ」という。船中最初に釣り上げたのは私の左隣の小幡夫人だった。慣れた感じのヤリトリではあったが、やはり最後の取り込みは苦労していた。海面直下を右往左往する速度が半端ないのだ。縦横無尽に暴れ回るカツオをタモに収めるのは大変。中乗り役の干野さんが素早くタモにいれてくれたのは後計測57cmの大物。腹はパンパンに膨れていかにも美味しそうだ。

 

8時40分頃から船中ポツポツとアタルが単発である。しかも、針の掛かりどころが悪いと海面でバレてしまう。水深15mでヒットするため強烈なパワー無謀とも思える暴れ走りでタモ入れまで辿り着くのも一苦労である。ビシが上がっても釣り人が道糸を手にできないことが多い。中に舞うビシを船中に取り込むだけで数秒間は掛かるからだ。船長は「頭を出せ、浮かせろ」と叫ぶが、思うようにならない。一瞬海面を飛ぶ姿が見えてもパワーは落ちない。浅い場所で掛けているため簡単には弱らないということだ。

 

私が運良く掛けたのは朝の時合が終わりかけていた9時40分頃。いつも130号のビシを振っている硬めのアジビシ竿がズッドンと海面に突っ込んだ。合わせを入れる間もなく、速攻で電動のスイッチをフルに回してヤリトリ開始。といっても15mだからすぐに浮くのだが、残り5m前後の攻防が魚との勝敗を分ける。右に左に回るかと思うと前に突っ込み、手前に来ることもありタモを手に持つ干野さんも目まぐるしく対応する。やっと収まったカツオは後計測52cmの2.2kgで当日として良型と思われた。素早く写真撮りを終えて血抜きも怠りない。今年も絶品の刺し身とタタキ、漬けも食べられるとひと安心。季節限定の貴重な鮮魚といっていい。

 

その頃になるとすでに船中ポツポツと取り込み、クーラーBOXに6本ものカツオを収めたのは左舷大ドモに座った小幡夫人のご主人。途中、夏の風物詩でもあるシイラもキャッチして楽しそう。とにかく、アタリが頻繁に訪れていた。使っている仕掛けを聞いてみたところ「ハリスは12か14号、ハリは小さいです。ワラサ用の10号程度です」という。活性が低い時は潮の流れに逆らわず自然に浮遊する小さい針が良いということだろう。餌付けも大きく付けずに針に沿った1匹掛けだったとのこと。

 

午後2時に沖揚がり。船中ゼロは1名だけ。誰とは言わないが、途中船酔いで数時間マグロ状態になった1人だけ。それでも2回のヤリトリはあっとというから決して喰い渋りではなかったのかも。船中0〜6本、私は貴重な1匹で満足した。ただ、アタリはもう1回ぐらいは来て欲しかった。ハリス16号を終始使っていたのが敗因かもしれない。活性が高ければ20号でも喰ってくるという話は聞く。だが、喰い渋りの時間帯には12号程度まで落としてみるのもひと工夫。ハリス長は長くても3mまで。2.5mでも食い気には影響しないと思う。後は餌の付け方かもしれない。今回も色々と課題の残った釣行となった。

 

自宅に戻ってその晩に口にしたカツオは絶品。夏の思い出を味覚でも満喫できた。生卸しニンニクとたっぷりの卸し生姜に刺し身用の醤油を皿にたっぷりと注いで頬張る瞬間が至福である。塩分取り過ぎは良くないが、コレばかりは譲れない。釣り人の特権、まっしぐら。今日で釣ってから4日目だが、漬けはまだ旨い。身が締まって別の魚を食べている感覚になる。今年はもう1度、カツオ狙いで船上の人になろうかと検討中である。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM