長井港儀兵衛丸 午前ショートカワハギ釣り

 

毎月20日締め切りの仕事があり、それを無事に終えるとしばし解放感に浸れるので夏のカワハギ釣りを短時間で楽しもうと乗り込んだのが8月22日の長井港儀兵衛丸の午前ショートカワハギだ。午前6時に出船して沖上がりが10時という正味4時間足らずの真剣勝負。といっても、夏のカワハギは群れが転々と散っているため基本的に拾い釣りとなる。だが、嬉しいのは良型が多く、ワッペンが混じらないこと。その反面、水温が27度近くもあるためどうしてもエサ盗りの雑魚が多い。当日もトラギスとベラは数多く釣れた。

 

天候は南南西の風速3〜4m前後の薄曇り。南西風に弱い相模湾だが、最初のポイントは港から10分程度の近場からスタートだから不安はない。水深は15m前後と浅い。左隣の女性アングラーが最初に釣り上げたのはマダコだ。「なんか違うアタリだったから何かな」と思ったという。それでも、彼女はすぐに本命カワハギを釣り上げて嬉しそう。手慣れた手返しと繊細な誘いで熟練度は高い。

筆者も釣り開始から10分足らずで1匹目を釣り上げた。全長20cm前後のこの時期としてはレギュラーサイズ。さい先の良い釣れ具合から「今日はそこそこ釣れそうだ」と甘く考えたのが運のツキ。その後はアタリが出てもすべてトラギスばかり。最初の1匹がベタ底で掛かってきたため底狙いで攻めたのが敗因かもしれない。エサは冷凍アサリの消耗も激しく、餌付けに時間を取られ、ゲストの猛攻で鈍った針先を考慮して頻繁に針&ハリスの交換にも手間取る。

 

私の朝方の釣り方はこうだ。オモリが着底したら速攻で仕掛けを1mほど巻き上げから少しずつ竿先を揺らしつつ段階的に下げて行き、最後は底に着けてアタリを2秒間待つ。中錘は中盤頃まで付けずにアタリを重視して誘い続けたが、とにかく底に仕掛けが付くとトラギスが掛かってくる。それも良型だから始末が悪い。引き味はそこそあり、カワハギではないことが分かっても仕掛けを回収しなければ餌の付け直しができない。そんなロスタイムを続けていると、左の女性アングラーは良型を連発したり、静かな誘いから釣り方を盗もうとジっと目を凝らす場面もあった。

 

残念なことに彼女は「顔出しNG」ということで写真撮影はできなかった。一緒に彼女と乗り込んだ大阪府吹田市の中村さんは「出張のついでにどうしても長井沖でカワハギが釣りたい」ということで仕事の合間を縫って訪れた様子。船中最大の29cmを釣り上げたのがその中村さんだ。「海面で抜き上げる時にちょっと怖かったですね、バレてしまうんではないかと」と不安になるほどの良型だった。

 

私はというと、6時20分頃の1匹目からまったく釣れずに9時頃になってやっと2匹目、その後3分後に3匹目。これで打ち止めという情けない釣果となってしまった。中村さんは6匹、同乗の女性アングラーは9匹、トップは右舷の釣り人が12匹。そう、私がスソということ。正味4時間足らずの釣りとはいえ、何年もカワハギ釣りをしてきて船中スソというのは情けない。

 

反省材料はいつくかある。群れが散っているこの時期はカワハギに餌の存在をアピールするためにもっと目立つ集魚板や派手なオモリを使うべきだったこと。誘い方も単調だったのも悪かったのかもしれない。

 

船長は転々とポイントを移動して、浅い場所では水深11m、深くても23m前後を攻め分けてくれた。根が点在する場所では「ここは根がキツいから根がかりに注意して」という親切なアドバイスもしてくれる。短時間勝負のショートカワハギ釣りは神経を集中してカワハギ釣りを楽しむ絶好の宿として高く評価したい。私の修行がまだまだ足りないためスソになってしまったが、個人的には「あと2匹は釣りたかった」というのが正直な感想だ。アタリがあっても掛けられなかったシクジリの数字が2回ということである。

 

驚いたのは自宅に戻ってカワハギを捌いてみた時のこと。8月だというのにキモがしっかり育っていて絶品の肝和えを食べられたこと。これは個人的に嬉しい限り。さらに、真子と白子も入っていて、初めて生で食したが左党には堪えられない味覚であった。甘みと食感はたぶん季節限定のモノであろう。一般的にはカワハギの産卵は終了しているはずだからラッキーということである。これからカワハギは数釣りのシーズンに入って行くが、ワッペンが増える10月後半以降は他の釣りに変えようかとも思っている。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM