オルルド釣具 振出式パックロッド トラルド180

 

6月下旬のボート釣りで不覚にも根掛かりした時にパックロッドが折れてしまった。永年使っていたのでたぶんどこかに亀裂が入っていたのかも。安価なノーブランドロッドだったが、いつも予備も含めて複数本のパックロッドを持ち込むため、何か適当な振出式パックロッドがないかなって探していたら数日後、アマゾンからメールBOXに釣具の情報が入ってきて、かなり魅力的なロッドだったので購入してしまった。価格はなんと2454円(税込み)。

 

それが今回紹介するオルルド釣具の「トラルド180」というロッドだ。メーカーはおそらく中国産だと思うが、振出式パックロッドとしては軽量でコンパクトという点に惹かれた。仕舞寸法はなんと36cm弱。しかも長さが1.8mという短さにも関わらず道糸を通すガイドが7個も装備されているのだ。調子は超柔軟仕様。まだ実際には使っていないがオモリ負荷で言えば、5〜15号といった印象である。先調子だが、かなりソフトに仕上げられていて、シロギスなど小魚類を釣るには引き味を楽しめそうだ。晩秋から初冬のカレイ釣りでも活躍してくれそう。食い込みが良さそうで、アタリを弾くような感覚はない。詳しくは実釣の際にまたリポートすることにしよう。

 

さて、私がボート釣りでどうしてパックロッドを好んで使うようになったのか。それは手漕ぎボートの中は狭く、持ち運びはもちろんのことボート内のスペースを有効に使えるからだ。仕舞寸法が40cm足らずというのは驚きである。
さらに、流し釣りでボートが動いていると突然イケスやブイに衝突しそうになることがある。注意していても風向きが変わって、移動方向が変わると障害物に急接近することがある。そんな時に咄嗟にロッドを縮めて衝突を回避することができるから便利なのだ。東京湾では伊勢町海岸や金田湾、相模湾では小田和湾や油壺湾、沼津方面でも要注意のボート釣りエリアが多い。

 

話をトラルド180に戻そう。このロッドはたぶんルアーフィッシングにも最適だろうと思う。軽いジグヘッドやワーム、またミノー類などをキャストしてリーリングするにも快適なロッドだろう。また、尻手ロープをどこに装着するなど課題も残る。

 

ただし、ロッドの後端部が排除されている。リールシートの後ろ部分からスパッと切り落とされたようにないのだ。いわゆる竿尻部分がない状態だから両手でロッドを握ることができない。仕掛けやルアーをキャストする時は片手で行うしかない。自重94gを実現できたのはこの部分の切除によるところが大きい。仕舞寸法が36cmと極端に短いのもその恩恵が大だろう。これまで購入して使ってきたどのパックロッドよりも仕舞寸法が短いのは嬉しい。狭いボート内で自由気ままに使えそうだ。課題は片手投げでスムースに仕掛けを投入できるかどうかである。実際に使った時のインプレッションを近い将来お届けすることにする。耐久性については1年後ぐらいにリポートしよう。

 

最後に、お気に召されたら「うみつりネット」のチャンネル登録をポチっとお願いします。



 


関連する記事
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    うみつりネット facebook

    更新情報:Twitter

    YouTube チャンネル

    新着記事タイトル

    カテゴリー

    月別記事

    うみつりネット・おすすめ商品

     (JUGEMレビュー »)

    釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

    うみつりネット・おすすめ商品

    うみつりネット・おすすめ商品

    海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
    海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

    カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

    リンク

    著者プロフィール

    ブログ内検索

    その他

    ケータイサイト

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM