片瀬漁港萬司郎丸 LT深場五目釣り

 

令和2年は暖冬だというが、さすがに大寒付近では寒さを感じる日が多い。陸上での最高気温が12度と言われても海上(船上)での体感温度はおそらく8度前後だろう。それでも釣りキチを自負する(笑)私はこの時期に美味しくなる深場の五目釣りを無性にしたくなる。

 

2月2日の日曜日、北東風が3m程度吹くとい予報だったが、天候はほぼ晴れ。釣割の前日割を利用して片瀬漁港の萬司郎丸からLT深場五目釣りに出掛けた。この船宿が凄いのは水深300mを狙うのに仕掛けの投入が一斉だということ。通常ならミヨシから順番にオモリを投げ入れるスタイルだが、不思議と一斉投入が習わしとなっている。因に使用オモリは150号に統一されている。イカ竿やビシアジ竿で対応できるのが嬉しい。

 

当日も定刻の午前6時15分に港を離れて江ノ島沖の水深270m前後からスタートした。私は運良く一投目からメダイの40cm級を釣り上げてボウズを逃れたが、大半の人はノーヒット。中には小型キンメを釣り上げている人もいた。流し替えをしてから水深が徐々に深くなると隣同士や反対舷の人としかけのオマツリが多発するようになる。もちろん、着底前にサバ攻撃の邪魔が入ると、ほぼ間違いなくオマツリが発生して、ロスタイムとなる。この場合、隣同士であれば巻き上げスピードを合せて同程度の速度で巻いてくるとなんとか仕掛けを修復できることが多い。

 

嬉しいのはテキパキとオマツリを解いてくれる仲乗りさんがいること。これはとても助かる。慣れた手つきでクロスした道糸や絡み付いた胴突き仕掛けを使えるように解いてくれるのだ。針付のハリスを交換する程度で次の投入に間に合うから仲乗りさんに感謝である。

 

潮変わりの10時過ぎ頃から船中でもポツポツとキンメやクロムツが釣れるようになり、私もシロムツとキンメの計3点掛けを達成して、少しずつお土産が増えてきた。

 

だが、好事魔多し。反対舷の釣り人の仕掛けが道糸に絡み、上がってきた時だった。「オマツリは融けたから巻けるはずだよ」と仲乗りさんに言われたのだが、まったく巻けない。それどころか道糸が出されるままで巻けない。「コレはペラに入ったね。道糸を切らないとドンドン巻かれるから切るよ」と仲乗りさんに言われて泣く泣く340m以上のPEラインをカット。残りの道糸は150m足らず。長く愛用してきたヨリトリリングも8本針の胴突き仕掛けもすべて海の藻屑と消えた。トホホ。トモから2番目に釣り座を構える際には今後はくれぐれも注意したい。

 

そこからの釣りはもう諦めるしかなかった。ところが、「ウチの貸し道具を使えば良いよ。ハイ、これを使って」と渡されたのがシマノ製プレミオと2m前後のロッド。PE4号を500mは巻いてあるというから安心して使うことができた。その後は、マメに底立ちを取り直しているとアタリが頻発して、ノドグロカサゴ、クロムツ、メダイ(後検寸43cm)を釣り上げて気分は最高。

 

右隣の右舷トモに座ったいた中森さん(埼玉県三芳町在住)は沖揚がりの終盤になんと値千金のアカムツも釣り上げた。これには私もビックリ。しかも全長で目測40cmオーバーだから江ノ島沖としては貴重なアカムツだろう。何が釣れてくるか上がってくるまで分からない。これが深場五目釣りの醍醐味でもある。

 

メダイが掛かった時には「これはサバだな」と思って電動リールをフルスロットルで強引に巻き上げてくると正体は良型のメダイだったりするから分からない。そこがまた面白いのだ。

結局、午後1時50分に沖上がりに。私の釣果はメダイ2匹、キンメ3匹、クムロツ2匹、シロムツ2匹、ノドグロカサゴ1匹。終わり良ければすべて良しとは言えないが、美味しい根魚をキャッチできた点は評価できるだろう。それと機転の効く仲乗りさんの活躍に感謝して港を後にした。

 

今回の釣行費用は釣割の前日割を利用して7500円。P代と氷は無料である。

 





カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM