金沢八景一之瀬丸 ショートメバル五目釣り

 

毎年2月に入るとメバル釣りが解禁される。ただここ数年は乗船代が高額となったイワシメバルには釣りに行かなくなってしまった。季節限定で地域も限定される釣りモノには興味はあるが、釣行費用が掛かる釣りは残念ながら遠ざかってまう。餌に使う活きイワシが高価になったこともその理由の一つだろう。

 

だが、東京湾のエビメバルはその点、財布に優しい。生きた藻エビを餌にしているが、釣趣はなかなか楽しいものがある。穂先が柔軟な少し長めのロッドを浸かって食い込みと巻き上げに独特な味わいがある。1匹のメバルを釣るのにどうしてこんな苦労をしてまで釣るのか理解できない人も少なくないだろう。数は釣れないし、最近では型も大きくない。それでも、良型のメバルが食い込む瞬間が堪らないのだ。ギュンギュ〜ンと大きく弧を描く竿先を見ながらリールを巻く時の快感は他の釣りでは体感できないものがある。

 

前振りが長くなってしまい申し訳ない。2月18日火曜日に乗り込んだのは金沢八景の一之瀬丸だ。ショートメバル五目釣りは午後1時に沖上がりのショート釣りで、乗合料金もシニフ割引を利用すれば6200円ととてもリーズナブル。P代は1日500円。午前7時の定刻に桟橋を離れて約25分で最初のポイントに到着。水深は約25m。近くには横浜の沖赤灯台が見える。仕掛けはハリス30cm3本針の1.25号の市販仕掛けを使った。オモリは25号。私はオモリを油性マジックで黒く塗り、メバルに違和感を与えないようにひと工夫。少なくとも銀色に輝く新品オモリは控えた方が良いという。

 

7時30分頃から実釣開始となったが、なかなかアタリが訪れない。これは厳しい日に当たってしまったかも、そう思いながらオモリを海底に着けてゼロテンションでジッと静かにメバルからのアタリを待つ。時々、仕掛けを持ち上げて聞いてみる。場所によってはオモリが根に引っ掛かり根ががり状態になるのを避ける意味でも3分i1回程度はオモリを移動させたい。また、10分ぐらいで一度仕掛けの藻エビエサの確認を怠らないこと。藻エビが白濁していたり、アタリがなくても脱落してしまうこともあるからだ。餌のない針にはどんな魚も食ってこないのは当然だ。

 

しかし、2時間ほどはアタリがなく、船長も転々とポイントを移動する。時折小型のカサゴが釣れるが、全長13cm足らずではあまりに小さい。リリースしたのが1匹。カサゴはメバル以上に成長の速度が遅く、型の良いカサゴはなかなか釣り上げられない。私が最初に釣り上げたのはなんとアジ。食い込み方がどうもメバルらしくないのでゆっくりと巻き上げてくると海面近くでキラっと光って海面に姿を見せた。

 

ゲストとしてはまずまず。型は全長21cmだが、食べて美味しいサイズである。やっとメバルが釣れたのは午前10時を回ってからだった。独特の引き込みを味わいながらリールを巻いて取り込んだ。この瞬間にボウズは逃れたという安堵感で肩の力が抜けた。その後、もう1匹釣り上げて、ついに痺れを切らした船長は「イシモチ釣りにリレーします」とアナウンスしてポイントを少し移動。付け餌をアオイソメに変更して釣り再開。午前11時30分近くになっていた。

 

その後のイシモチ釣りは絶好調。アタリが多く、仕掛けを落として底をトントンと叩く位置をキープするだけでいい。速アワセは禁物の釣りだからできれば置竿で待つのが最適だ。竿を手に持っていればどうしても反射的にアワセてしまうからだ。3回ほど連続して竿先が曲がっても断続的に震えていれば針掛かりした証拠。ゆっくりとリールを巻きながら一定の速度で海面まで巻くだけ。それで付け餌が残っていればそのまま仕掛けを落としても良い。餌が短くなっていたら新しいイソメをチョン掛けにして追加すればいい。

 

天候は晴れていたが、昼前から西南西の強風が吹き始めて、昼過ぎには白波だったて来た。本牧沖の大型貨物船が浮かぶ過ぎ近くで釣っていたが、寒いこと甚だしい。防寒着を着ていても顔と両手が冷たい。ヌメリのあるアオイソメを針に刺す時には石粉を持参すること。手返しの違いで数釣りを満喫できるだろう。

 

結局、定刻より15分ほど延長してくれて午後1時15分に沖揚がり。私の釣果はメバル2匹、アジ1匹、カサゴ1匹、イシモチ16匹で4目達成でまずまず。本命メバルがもう3匹ほど釣れれば満足感も高まったに違いない。良型の突っ込みが根ががりでバレてしまったのが返す返すも残念でならない。ここ数年、東京湾のクロメバルは数が減ってしまったのだろうか。船長が言うには前日からの強風で潮が澄んでしまってメバルが神経質になったかもか、と語っていた。潮が濁る時期がきたら再度挑戦してみたい。

 

最後になってしまったが、同船していた立神さんと中田さん(ともに相模原市在住)に撮影の協力をして頂き、有り難うございました。カゴ釣り師として長いキャリアを持つ立神さんでも本命メバルを釣り上げられなかったのは少し残念でした。またご一緒しましょう。

 





カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM