茅ケ崎港ちがさき丸 マダイ五目釣り

 

マダイの乗っ込みをゲストのクロダイと共に期待できると聞けばコマセマダイ好きなら触手が延びますよね。個体数の少ないマダイは釣れなくてもクロダイの1匹ぐらいは釣れるのだろうと甘く考えるのが釣り人の性である。

 

どこの船宿にするかを検討していたら東京湾ではなく相模湾、茅ケ崎港のちがさき丸が見つかり、速攻で予約を入れたのは5月22日のマダイ五目釣り。同行してくれたのは相模原在住の立神さん。あくまで本命はマダイだが、高級ゲストに良型のクロダイが多く混じるというから期待は膨らむもの。

 

午前6時30分に港を離れて最初のポイントがなんと8分程度の超近場というのには驚いた。まだ烏帽子岩が至近距離にあり、指示ダナは20m。船長は「下まで下ろさないで、海面からのタナ取りでやります」とのこと。産卵時期で神経質になっているマダイをビシで驚かさないという心遣いである。

 

仕掛けは基本形がハリス3号の6m。クッションゴムは長くても1m以内。指示ダナの2mまで下ろしてハリスが潮に馴染むまで20秒程度待ってから1mずつコマセを撒いてタナに合せる。釣り方はいたって感嘆だ。ビシはFL80号を使用。L80号でもOKだが、コマセ量を適宜減らして詰め込むこと。ドカ撒きは良くないのだ。因にコマセはアミエビ。これにオキアミを混ぜるシステムだ。

 

当日の天候は北東風で曇りがちながら後半にはスッキリした爽やかな青空を拝むことができた。初夏らしい気持ちの良い潮風を体感できたのは何より嬉しい。

 

釣り開始から1時間が経ってもアタリはない。付け餌は齧られたり、なくなっていることもあるのだが、それは大半がエサ盗りの仕業。ハリスが切られていたら間違いなくフグだろう。実際にシロサバフグの類が1匹釣れた。

 

その後、少し深い指示ダナが30mまで探索したが、釣れるのは右舷側のトモとミヨシばかり。潮の流れが右舷有利に働いているようだ。我々の座っている左舷トモと2番目はアタリが遠く、釣れるて来るのは中途飯場なサイズのサバばかり。真サバだからまだ脂がない。全長最大で38cm。平均すると35cmどまりだ。立神さんはサバ好きなので4匹だけ血抜きをしていた。写真はそのサバの姿である。写真が1枚しか撮影できなかった理由は聞かないで欲しい。

 

午後になり、とうとう二宮海岸付近までポイントを移動。指示ダナはなんと13mという浅場だ。岸から300m程度だからたぶん水深は20m程度だろう。船長は転々とポイントを移動しながら喰い渋りの打開策を練ってくれたようだが、右舷側にはその恩恵は回ってこなかった。

 

昼過ぎ頃の途中から潮が速くなってきた、というフナウンスがあったため速攻でハリスを6mから8mに交換することに。立神さんの鋭い読みで少しでも仕掛けに工夫を凝らして食い気を誘う方法を模索した。ハリスの途中にスイベルを介してハリス号数に変化をつける。これでタイが振り向いてくれればという淡い期待は最後まで実ることはなかった。だが、そうした自分なりの対応策を色々と実践してみることは絶対に今後に繫がるに違いない。

 

船中釣果はマダイもクロダイも0〜2匹。すべて右舷側の釣り人である。残念だが、釣り座によって有利不利が出るのがコマセ釣りの宿命だ。特にハリス長があるタイ類はその傾向が顕著だ。厳しい釣りは釣り人に試練を投げかけてくる。それを受け止めて次回に繋げて行く精神が大切でもある。

 

最後に今回の釣行費用はネット割引の500円引きで9500円。私はこれに1kgのオキアミブロックを550円で購入。駐車場代は無料。場所が変わっているので受け付け時に止める場所を確認すること。1万0050円と高価な釣りとなってしまった。

 



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM