片瀬漁港萬司郎丸 LTヒラメ五目釣り

 

梅雨に入る直前の気候は年間で最も安定して穏やかな海が期待できるはずなのに、今年はGW明け頃から天候が不安定で、風も強い日が多く釣り日和がなかなか訪れなかった。やっと南西風が凪いだ平日の5月21日、釣割の前日割に地元片瀬漁港の萬司郎丸が出ていた。中でも先月から興味があった活きイワシ=カタクチイワシを餌にするLT(ライトタックル)ヒラメ五目釣りに飛びついた。通常1万円の乗船料金が2000円引きになるから嬉しい限り。

 

当日は北寄りの微風で晴れ。海はほぼベタ凪である。風が止んで天気が晴れると釣り人は動き出すのが早い。第一萬司郎丸のLTヒラメ五目釣り船に乗り込んだのは総勢10人ほど。私が座った右舷が6人。左舷側の人数はあくまで予想人数。右舷のトモから2番目に座って支度をしていると左隣に座った藤沢市の橋本さんがこう切り出した。「実は始めマルイカで予約を入れておいたのに出船6時にギリギリ間に合うだろうと思ったら、なんと船が出てしまったんですよ。それでこのLTヒラメ釣りに変更しました」と少し不満顔。それでも橋本さんの左側には釣り仲間の山岸さん(横浜市)が座り楽しそうに釣り談義をされていた。

 

定刻の午前6時30分に港を離れたが、最初の釣り場はなんと5分足らずで到着した。正面を見ると江ノ島の裏磯。しかも、磯釣りの釣り人の顔が確認できるほどの岸寄りでビックリ。当然水深も浅く15m弱からスタート。付け餌は活きたカタクチイワシだ。船長が各釣り座ま大きめの桶に10匹ほど網で掬って入れたくれた。付け方は簡単。下あごから上顎の硬い所に刺し抜けば良い。

 

私のタックルはライトヒラメだけに1.8mの万能ゲームロッド。オモリは30号を使用。仕掛けはハヤブサ製の胴突き仕掛け。幹糸8号の全長2m。ハリスは5号で上が40cm、下が60cmの2本針。針はヒラメ6号。通常のヒラメ仕掛けならハリスは1本だが、2本針の仕掛けを使ったことが功を奏することになったとはその時は気付かなかった。

 

最初に山岸さんが高級ゲストの良型ホウボウを釣り上げた。どうやら魚の活性は高いようだ。アタリは時々訪れるのだが、明確な突っ込みがなく、食い込みアタリまでグイッときてくれない。イワシの魚体に歯形が付いて戻ってくることが多く、針掛かりまで持ち込めないのが何とも悔しい。

 

誘い方は簡単だ。オモリが着底したら底上げ50cm〜1mほどで静かにアタリを待つだけ。時々仕掛けを上方へ誘ってみるが、アタリは遠い。それでも、午前7時40分頃に底立ちを取り直した直後にイワシが暴れて、穂先がプルプルと震えた後にグングン、グイ〜と強く引き込み、さらに大きな食い込みアタリを待つと、しばらくして大きく竿先が突っ込みガヅガツ、ガツガツと叩かれた所で少し大きく竿を煽ってみた。すると、針掛かりしたようで強く海面へ引き込まれる。時々、リールを巻く手が止められドラグが滑ること3回ほどあり、強い突っ込みの時には巻く手を休めて、竿の弾力で耐えること数回。

 

船長が操舵室が出てきて「コレはデカいから慎重にやって。ドラグが滑ったら巻かないでいいよ」と的確なアドバイスで無事にタモに収まったのは後計測56cm、体重2kgのヒラメだ。その時に掛かっていたのが上針だった。下針までの枝間が110cmで捨て糸が50cm。つまり、釣れたヒラメは海底から一気に2mほど飛び上がってきたイワシに食い付いたことになる。活性の高い時間帯に運良く飛びついてくれたのは上針のある仕掛けを使っていたからに違いない。

 

注意したいのは餌の種類。基本はカタクチイワシが大半なのだが、船のイケスには小サバも混じっている。小サバはイワシに比べてほぼ一回り大きい。動きも小サバの方がシャープで元気なのだが、どうにもサイズが大きく、食い込むのに時間がかかるためヒラメが途中で諦めるケースがあるようだ。口が大きいヒラメだけでなく、ホウボウやカサゴでは食べるのに大き過ぎると感じた。実際、魚体に歯形が付いて戻ってきたのは小サバの方が多かったと記憶している。小ぶりなカタクチイワシをマメに交換して投入を繰り返した方がアタリの出方は多い。もちろん、ゲストの高級魚もカタクチイワシの方が食べやすいのだろう。周囲で一番数が釣れていたのは30cm近い良型カサゴだったようだ。

 

10時を回るとアタリは遠くなり、ゲストも釣れなくなってきた。船長は少し深い水深30m前後のポイントにも移動して、探索してくれたのだが、結局午後1時30分に沖揚がり。船中釣果は0〜2匹。胴の間のベテラン、山岸さんがヒラメ2匹で竿頭に。「LTヒラメはまだ5年ほど。でも東京湾の某宿でマゴチ釣りを長くやっているので強くアワセる癖がついちゃっているんですよ」と好釣果に満足そう。隣の橋本さんも良型カサゴを3匹ほど釣っていた。釣れてくる魚がどれも大きいのがこの釣りの嬉しい所。小型魚が混じらないのは捌くのが楽でいい。

 

全長56cmのヒラメは一晩クーラーBOXに寝かせて翌日刺し身と昆布締めで食べたが、白身魚の中では最高に旨味が恐縮されて噛むほどに甘みが広がってくる。淡白な白身だが、縁側は甘みが強い。昆布締めは身がグッと締まり歯応えと旨味が同時に楽しめる。おそらく後2日間は刺し身と昆布締めで晩酌が進んでしまうだろう。刺し身はなるべく薄造りにして食べた方が旨く感じる。お酒は好みもあるだろうが、たまには日本酒に挑戦してみよう。

 




金沢八景弁天屋 マゴチ釣り

 

ゴールデンウィーク最終日の5月6日に金沢八景の弁天屋からマゴチ釣りに出掛けた。当日はスポーツ報知新聞のフィッシングフェスタ(謝恩サービスター)のため完全予約制で私は後輩の栗原君を誘って約30日前に予約済み。案の定、当日は20名の大盛況。運良く右舷胴の間に栗原君と並んで座ることができた。同宿は基本的に釣り座は先着順となっている。

 

当日はGW中で最も凪日和で快適な晴天となった。マゴチ船は定刻通り午前7時15分に桟橋を離れた。船長は迷わず富津沖を目指した。およそ30分のクルージングで到着したのは富津岬の手前付近。最初のポイントは水深4蛋宛紊猟鏡場である。あまりに浅い場所に驚いたが、20人の釣り人が狙うことを考えれば少しでも浅い場所ならオマツリが少ないと考えたのかもしれない。

 

だが、時折根掛かりのある箇所もあり、なかなか本命からのアタリは訪れない。右舷で最初にヒットしたのは栗原君の左側の釣り人が掛けた良型のヒラメだ。今年は東京湾や相模湾でヒラメの魚影が濃いとは聞いていたが、目測で50汰宛紊離劵薀瓩覆藕盖薀殴好箸箸靴涜膣新泙世蹐Α正直羨ましい。

 

午前8時過ぎに栗原君の竿が急に曲がり、私の竿と交差したためすぐに釣り座を交換して釣り上げたのが全長57臓文絽\)のマゴチだ。これは素晴らしいサイズ。栗原君に感触を聞くと「底立ちを取り直した直後にガツンと突っ込まれた感じでした」と嬉しそう。

当日の潮は中潮の最終日で午前7時25分が満潮。ということは潮変わり直後のヒットという印象だ。その後も船中ポツリポツリと本命は上がるが、私の竿には音沙汰がない。

 

やっと幸運が訪れたのは午前10時15分頃。やはり底立ちを取り直して海面から1mの指示ダナに合わせて手持ちで待っていると、クイクイと引き込み、少し待ってからグン、と強く引いてから竿を大きく持ち上げたらうまく掛かった。参考までに私の仕掛けはハリス4号1.5m。オモリ15号の鋳込み天秤を使用した。

 

残念ながら型は小型で全長39臓文絽\)。それでもボウズを逃れたのは正直嬉しかった。実は私も栗原君もサイマキエビでのマゴチ釣りは初体験。過去に釣ったのはハゼかメゴチ餌の泳がせ釣りだけ。しかも、その大半はボートのシロギス釣りでの端物狙いだった。

つまり、サイマキエビの餌付けすら良くわからなかったのだ。仲乗りさんに付け方を教わりながら初挑戦で本命を釣り上げたのだから気分は最高だ。だが、餌盗りの被害も多い。犯人の大半はコウイカ=スミイカとフグ類だ。エビの頭しか残らないのはフグ。尻尾付近を齧り、グチャグチャにするのはスミイカ系が多いようだ。

 

私も昼前にクイクイとアタリが出るのに食い込まないのはイカの悪戯と分かっていたが、とうとう大きなスミイカが海面近くまでエビを抱き込んで浮上したところを仲乗りさんにタモ取りしてもらった。想定外の美味しいお土産を確保できたのもラッキーであった。

その後は予報通り南南西の風が強くなってきたが、午後2時15分頃にフワ〜とした変なアタリが出て竿を持ち上げるとクイッと曲がるので、そのままリールを巻いてくると最後にグインと大きく突っ込み、なんと後検寸で48造離泪乾舛釣れたのだからラッキーである。沖揚がり10分前の幸運である。

 

これも潮変わり直前の高活性の時間帯だったのかもしれない。午後の干潮は2時32分だからだ。潮変わり前後は神経を集中して最後まで諦めないことが大切といえる。釣り方は難しくない。オモリが着底したら穂先の先端を海面につけたまま1メートルほどリールを巻き上げてタナをキッチリと取るだけ。あとは時々竿先を50汰宛緤垢上げて餌のエビを踊らせてマゴチを誘うこと。活きたサイマキエビの自然な動きが最高の誘いになるからだ。

 

結局、南南西の強風の中最後まで富津沖の浅場でマゴチ釣りを楽しむことができた。午後2時30分過ぎに沖揚がり。50分近くかけて金沢八景の桟橋に戻り、満足な釣果を持ち帰ることができた。船長と仲乗りさんに感謝! 同時に東京湾の自然の恵みに感謝である。

唯一注意しておきたいのはサイマキエビの餌のことだ。5匹までは料金内だが、フグやイカ類の猛攻に遭うため追加で5匹以上は必要になるということ。追加は1匹100円かかる。また、エビの後ろ足が動かなくなったら餌を交換した方がいい。エビの活発な動きが誘いになるから「死に体」では好釣果は望めないと思った方がいいだろう。

もうひとつ大切なアドバイスを右隣の後藤さん(川崎市在住)から聞いた。「サイマキエビは勝負が早いからあまり待っていると食い逃げされるよ。ハゼやメゴチの時より合わせは早めがいい」とのこと。

これから6月後半になると餌がハゼに変わるはず。サイマキエビでの釣りとの違いを楽しむためにも早めに釣行されることをオススメしたい。マゴチ釣りの最盛期はこれからだ。

 

マゴチの料理はアライが一番人気だが、普通の刺し身でも絶品である。サイズが大きければ半身は昆布締めにしても良いだろう。冷蔵庫のチルド室に柵で保管しておけば3日後でもワサビ醤油で美味しく食べられる。6日に釣ったマゴチを実は10日の今日でも充分美味であることを証明できた。淡白な白身だが、噛むほどに甘みが口の中に広がる上品な刺し身を釣り上げてからご堪能下い。            

 




小網代港太平丸 コマセマダイ釣り

 

ゴールデンウィーク前半の4月29日、小網代港の太平丸から仕立て船でマダイ釣りに出掛けた。音頭取りはSNSで釣り仲間になった小幡夫妻。残念ながら急病で小幡政和さんが不参加となったが、5名で午前6時に港を離れた。

 

当日の天気は晴天、南寄りの微風で海上は凪ぎ。頬に心地良い潮風が吹き抜ける快適な釣り日和になった。乗っ込みシーズン真っ盛りのマダイ狙いだが、私は普段マダイ釣りは得意ではない。理由はハリスが長く、不器用な私には不向きと感じているからだ。

 

船長は約30分近くかけて城ヶ島沖のポイントに到着。周囲には僚船はそれほど多くは見られない。水深は約43叩3ぬ未らの指示ダナは34蛋宛紂私のタックルは2.4辰離劵薀甦箸望型電動リールの組み合せ。仕掛けはL80号のビシにハリス62本針を使った。一般的には8〜10mを使うようだが、手前マツリが怖いので短いハリスで開始した。付け餌はオキアミの1匹掛け。

 

釣り方は一般的なコマセマダイの釣り方で、ハリス分だけ指示ダナより深く沈めて数秒間待ってからコマセを3回に分けて振り出しつつ、指示ダナにセット。釣り開始から20分は何もアタリがなく、付け餌のオキアミもそのままの状態。3投目あたりで付け餌が取られ始めて活性が少し高まった感じ。

 

しばらくすると私の竿が絞り込まれた。竿を手にリールを手巻きでゆっくり巻くと強い引き込みがないものの途中で首を振る感覚が手に伝わったので少し慎重に巻き上げると海面に浮かんだのは黒っぽい魚体のメジナだった。針の掛かりどころを確認してから抜き上げた。後検寸で全長32臓ゲストとはいえボウズを逃れた安心感は心に余裕が生まれるものだ。コマセを8分目程度に詰めて再投入を繰り返す。アタリが来なくてもマメに手返しを続けるのがヒットの近道と聞いている。付け餌の有無の確認も重要である。

 

すると10数分後に鋭い突っ込みがあり、竿が満月になり、ちょっと慌てた。竿を手に取ると重量感のある引き込みを体感。「これはデカイかも」と期待しつつ手巻きで巻き続けた。途中ドラグが滑る場面もあり、リールを巻く手を止められること数回。浮いてきたのは青物のイナダ。それでも後検寸で全長59造發△辰拭赤い魚体を期待したのだが、そう簡単ではなかった。

 

私は運良く8時15分過ぎにも同サイズのイナダを釣り上げて「あとはマダイを釣るだけ」と気合いを入れたが、船長は城ヶ島沖に見切りをつけて本命場所の剣崎沖へ移動を告げた。

 

到着した剣崎沖はマダイ狙いの釣船が密集していた。乗っ込みシーズン真っ盛りの週末だけにその数は軽く30隻を超えていただろう。水深はやや深くなったが海面からの指示ダナは42蛋宛紂ハリス6辰斑擦せ笋魯織覆鮠し低めに設定。44辰坊茲瓩拭

 

左舷のトモに座った有泉さん(鶴ケ島市)が本命マダイを取り込んだというので写真撮りに走った。すると全長47臓1.4kg(後検量)のマダイを手に嬉しそう。話を聞くと「指示ダナにセットしたら突然ズッドンときましたよ」と目を細める。仕掛けはハリス4号10辰世箸いΑ7崎沖のマダイは毎日大勢の釣り人の仕掛けで神経質になっているため、ハリスは長い方が良いようだ。食べて最も美味しいサイズだけに正直羨ましい。

 

午前11時を回っても本命マダイからのアタリはなく、右舷ミヨシの谷藤さん(大和市)がキントキやメジナを釣り上げる程度で盛り上がりがない。マダイは低活性のままだ。

 

船長は「水温が今日は16〜17度ぐらいだね。18度位になると活性が高まるんだけどね」と残念そう。我々はもっと悔しいのだ。

 

結局、午後1時過ぎに納竿。本命マダイは有泉さんの1匹だけ。天気が良かっただけに悔やまれるが、これも自然相手の釣りである。剣崎沖の乗っ込み真鯛は人気が高く、競争が厳しいだけに、できければ釣り人の少ない平日の釣行が理想かもしれない。爆釣のXデーは明日かもしれないのだ。

 

最後に料理の話を少し。イナダは刺し身で食べたが、脂の乗りは今一歩だった。だが、アラ煮は旨く、酒が進んだ。意外だったのが32cmのメジナ。腹を捌くと巨大な白子が入っていて、これもイナダのアラ煮と一緒に煮付けたら絶品。クリーミーで口の中でとろける感触が堪らない。本来なら辛口の日本酒で食すと最高なのだろう。刺し身も旨かったが、冬場ならしゃぶしゃぶで食べたい魚の筆頭だけにちょっと残念。とにかく、東京湾の自然の恵みに感謝である。            

 




伊勢町海岸みうらボート カレイ釣り

 

悪天候と強風が続いた4月の週末。仕事の締め切りをこなすために四苦八苦したのは言うまでもない。釣りに行きたい日に限って予定が立てられない辛い日が続いた。なんとかボート釣りに出られた4月22日は最高の天気に恵まれたのだが完全なる凪倒れに終わった。のっけから結論めいた書き方で恐縮だが、自然相手の釣りでは、よくあること。それでも、同行して頂いた小幡さんには最後の最後に幸運が待ち受けていた。

 

伊勢町海岸のボート釣りといえば、この時期なら肉厚の戻りガレイを置いて他にない。人気と実績、知名度ともにシーズンに最低1回は行かないと気が収まらないボートつりファンは多いことだろう。だが、チャンスは平等には訪れない。まして、シーズン終盤のラストチャンスとなれば気合いが入るもの。

 

クルマを走らせたのは「みうらボート店」。前日に電話を入れてボートが出られるのかを確認してから準備に取りかかった。仕掛けはもちろん今回は秘密兵器ともいえるマルキューのカレイ専用コマセまで購入して乗り込んだのだが、結果は悲惨なことに。

朝、小幡さん宅前で待ち合わせ。午前6時30分頃には出発して、7時前には受け付けをすませてボートを漕ぎ出した。天候は南の微風でほぼベタ凪。3年前にはカレイを釣り上げた記憶のある赤旗がたなびく浮き浮標を目指して漕いだ。風向きと潮流を考えアンカーを投入。水深約27mのやや深い場所からスタート。

 

竿はパックロッドにスピニングリールが2本、1.8mの万能ロッドに小型両軸リールの組み合せを1本の計3本を持参。最初に足下へ両軸リールのついたロッドに仕掛けを付けて投入。オモリは25号でハリスは3号80cm。カレイ針は2本。付け餌はアオイソメ。房掛けと縫い指しでボリュームたっぷりに装餌したのだが、2時間近く経ってもほとんど餌が取られない。減らないのだ。これにはガックリ。魚っ気がほとんどない。

 

2本目のスピニングリールが付いたパックロッドを出すにも気合いが入らない。こちらはチョイ投げして少しずつ仕掛けをサビいて誘いを掛ける。それでもほとんど付け餌がそのままの状態で戻ってくる。一方、小幡さんはシロギス狙いに的を絞った小針に小さくイソメを付けて30m近くの遠投で広く探る方針。もちろん、1本はカレイ狙いのロッドもボート直下に落として置竿狙い。カレイ釣りでは2本を投げて、1本を足下の置竿という釣り方が一般的だが、餌盗りすら皆無だけに3本目のロッドを準備する熱意が失せてしまった。つまり、2名で4本という非効率的な釣り方に終始した。だが、餌が取られないのでは効率的とか非効率的という段階ではない。カレイ釣りは良く時合を考えて粘って釣れ、と言われるが満潮時間の午前8時になっても何も変化がない。もう少し粘ってから移動しようと考えて、10時頃まで我慢したのだが、小幡さんに「もう少し浅い場所に移動しましょう」と声を掛けるのが精一杯。小幡さんはそれまでにシロギス狙いの仕掛けに見事に3匹のシロギスを掛けて、順調にお土産を確保していた。

 

次は19m前後。赤旗の浮標を基点に少し岸寄りに移動した。そこでもアタリは皆無だった。ポイントを移動する前に水温計で海水温を計測したが、15.5度もあった。この時期としては高いくらい。前日の水温が分からないが、もしかしたら2度近く高くなったのかも。急激な水温の乱高下は魚には悪い。活性が高まることはほとんどない。

 

3回目の移動は方角を変えて、ワカメ棚の角ブイの近くにアンカーを投入。角地であればブイのロープの影響は受けないはずと考えたからだ。水深は11m。すると私の置竿に異変が。クンクン、何度かコツンコツンとお辞儀を繰り返してからリールを巻いてくると可愛いシマダイ(イシダイの幼魚)が掛かっていた。晩酌のつまみにクーラーBOXに仕舞ってしまった。全長17cm程度の幼魚はリリースするのがマナーというもの。のんべぇの哀しい性がこんなところに出てしまうとは情けない。これでは幼児虐待ならぬ、幼魚殺害ではないか。

 

その後に海底から引き上げたモノといえばワカメの切り株と茎ワカメの切れ端。どうやら根際に入ったようだ。改装や岩礁帯の根際ならベラ類が元気に掛かってくるはず。それが釣れないのはちょっと可笑しい。雑魚も低活性とくればまさにお手上げである。

 

とうとう最後に小幡さんから「以前沖堤防の手前の浅い砂地帯でシロギスが結構数つれたので移動しましょうか」と言われた時間がすでに午後2時過ぎ。午後3時30分には着岸しないといけないことを考えれば、帰り道方向なので「帰りが近い方向だからそうしましょう」となり、水深5mの浅い砂地帯に移動。浅い場所ではベラ程度が釣れるかも、と思ったらとんでもない。小幡さんがついに感動のラストを飾ってくれたのである。チョイ投げのロッドを大きく曲げながら「来ましたよ、大きいのが」と言いながら慎重にリールを巻く。すると海面をバシャッと割って姿を見せたのがヒジタタキ。全長は目測でも30cm近くあったシロギスだ。しかも、20cm級とのダブル掛けだから驚いた。これは素晴らしい。こんな浅い場所に28cm(後検寸)のシロギスが棲息していたとは。

 

確かに、転々とツブ根らしきが砂地帯にある場所でときどき仕掛けが引っ掛かることが多かった。とはいえ、水深5mでこのサイズは値千金である。写真とビデオの両方で撮影したのは言うまでもない。小幡さんはその後小メゴチの連発でマゴチ仕掛けを投入してみたのだが、アンカーをいれたままでの釣り方ではヒットの可能性は低い。北東風が強まってきたのでアンカーは必要だった。

結局、午後3時に竿を締まって岸まで漕ぎ戻った。ボート店の人が「今日はカレイはダメだったね、良かったのはフグ狙いの人だけだね」と慰めの言葉をいただいた。今年の戻りガレイもまた不発に終わった。だが、これもボート釣りの宿命。天気の良い日の典型的な凪倒れである。最終的に4回のポイント移動でダメだったのだから仕方ない。やるだけのことはヤッタのだからある意味満足である。

 

最後にシマダイの味覚で締めくくろう。17cmの魚を刺し身にする時の気持ちがわかる人は少ないだろう。だが、想定外の激旨には驚いた。コリッとした触感のあとに口に広がる甘みと旨味。ワサビ醤油を付けても甘みが引き立つのだ。ウ〜ん、恐るべしシマダイの刺し身。もう少し大きければたぶんもっと美味しかったに違いない。幼魚殺害をお許し下さい。

 




鴨居大室港五郎丸 午前ビシアジ釣り

 

桜の開花が想定外に早まった3月下旬、やっと暖かさが続いた3月27日火曜日に釣り部後輩の栗原君と一緒に鴨居大室港の五郎丸から午前ビシアジ釣りを楽しんだ。火曜日に休みが取れる栗原君はビシアジ釣りが大好きで得意。LTアジでも良かったのだが、「数より型」を重視する趣向のようなので、130号のビシを使う通常のアジ釣りに決定。ただし、小型電動リールは必携だ。

 

実は数日前まで、五郎丸のアジ釣りの釣果は型も小さく、最大で26cm前後、数もトップで20数匹となっていた。それが釣行の前日になって良型が復活。30cmオーバーが多く混じり、小さくても24cm前後というから「これは楽しみだ」ということで決定。

 

平日の火曜日だというのに前日の釣果が良いと釣り客の出足は早い。しかも、風の弱い凪ぎ模様。気温も一気に20度近くになるという。案の定、当日は右舷だけでも7人。両舷で14人が乗り込んだ。午前7時30分の定刻より少しだけ早く港を離れた。航行すること約15分で最初のポイントに到着。鴨居沖の水深45m前後で釣り開始。指示ダナはいつもの「底上げ2〜3m」。

 

すると30分もするとアジ特有の「クククッ」と小気味良い竿の曲がりで25cm前後が釣れ上がる。仕掛けは定番のハリス2号2mに付け餌は宿支給の赤タン。最初は欲張って3本針の仕掛けで釣っていたのだが、どうにも手前マツリが多く、手返しが遅くなることを考えて、途中で2本針に変更。というのも、追い食いを待ってもダブルで掛かることが少なかったからだ。

 

しばらくすると、栗原君が30cmオーバーとおぼしき良型を釣り上げて嬉しそう。周囲でも30cm前後が多く混じり始めて、硬いビシアジ竿が気持ちよく曲がる。右舷ミヨシから2番の三浦さん(横浜市)が竿が満月に近く曲がりながら慎重にリールを巻いている。海面に浮かんだのはマトウダイだ。アジが大好物のマトウダイが針掛かりしたアジを姥食いしたということ。三浦さんのハリスはなんと1.5号だという。慎重にゆっくりと巻き上げた理由が分かった。最後はもちろんタモで掬ったことは言うまでもない。

 

実は当日最初のポイントでマトウダイ祭りが船中で開かれた感じ。右舷ミヨシの座間さん(横須賀市)もすでにマトウダイを狙って2匹、3匹と釣り上げていた。三浦さんも2匹目のマトウダイをキャッチ。それではマトウダイを釣らないと面白くない、ということで私も弱いアタリで掛かったアジらしきを追い食いを待ちつつ20秒ほど仕掛けをステイ。その後、リールをごくゆっくりと5mほど手で巻いてくると、途中でグングンと強い引き込みと重量感が加わった。もしかしたらマトウダイか、と思って電動リールのスイッチをロウスピードで巻き上げてみると、運良く目測40cm弱のマトウダイが掛かっていた。餌は16cm前後の小アジ。口の中にまだアジの姿が残っていたからすぐに分かった。

 

周囲でもマトウダイが数匹掛かり、タモ取りが忙しい。残念ながら良型アジばかりを狙って釣っていた栗原君にはヒットせずにポイント移動となった。次のポイントも水深は55mと浅い。ここでもマトウダイが釣れるかも、と思い追い食いを狙い習慣が身に付いた。だが、それほど甘くなかった。

 

それでも平均で30cmオーバーが多く混じり、時折グイングインと突っ込む強烈な引きで35cm(後検寸)を取り込んだ。タモ網なしで抜き上げたのは海面で針の掛かり具合を目視確認できたからだ。上顎の硬い部分にシッカリと掛かっていた。抜きあげの瞬間直後に右隣の釣人から「勇気あるねぇ」とお褒めの言葉を頂いたのが嬉しかった。本当は単なる面倒臭がりの無精者ということ。

 

その後、残り40分で最後のポイントに。ここが水深100m近い場所。東京湾では珍しい。どうやら久里浜沖らしいのだが、釣れてくるのが20cm前後のLTサイズでガックリ。深場なら大型かと思ったら大間違い。深くて小型だからさっきまでの強い引きを味わえない。ならば追い食いでダブル狙いをやってみたが、一荷を達成できたのは1回だけ。

 

結局、午前11時40分に沖揚がり。船中の釣果は5〜30匹。私はなんとか13匹を釣り、午前船としては大満足。ゲストのマトウダイも釣れたのでお土産は充分。栗原君も15匹を釣り上げて満足そうであった。東京湾のアジはこれから5月下旬頃まで脂が乗って美味なシーズンに突入する。ぜひ、東京湾の絶品アジを釣りに行こう。

 





カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM