浦賀湾 陸軍桟橋 つり場ガイド


観音崎と久里浜港のほぼ中間に位置する浦賀港。

この湾口付近にあるのが陸軍桟橋だ。

こじんまりとした横L字型の突堤は足場も良く海面までの距離が比較的低いため釣りがしやすい。

唯一残念なのが付近に駐車場がない点。

できるだけ電車か自転車で訪れた方が経済的でもある。

浦賀駅前の有料駐車場からでは徒歩時間が長く駐車料金も高い。

公衆トイレは紺屋町岸壁の左端の町営渡船乗り場横にある。


一番のオススメ釣りモノは晩秋から4月末まで狙える投げ釣りのマコガレイである。海底はほぼ砂泥地帯だが、ところどころに沈み根や障害物があるので投げ込んだら置竿でアタリを待つ方が得策だ。

投入距離は50〜60m程度で十分。湾の中央部分の深みに仕掛けが入れば高確率。付けエサは太いアオイソメがあれば良い。


投げ専用の竿を3本ほど扇状に投入してジックリと待てば良い。

船舶の航行は曜日によって異なるが左隣の紺屋町岸壁には大型の貨物船が出入りすることがあり、その際には仕掛けを回収してやり過ごすこと。

湾口側からゆっくりと入港するため気がついたらリールを素早く巻き上げて対応すれば問題はないだろう。

なお、紺屋町岸壁は釣り禁止区域なので立ち入らないこと。


この他に釣れる魚は9月〜10月末頃はイナダやソウダガツオが回遊してくるためカゴ釣りで狙う人が増える年もある。

夕刻時間にはルアーシーバスも人気が高い。

電気ウキでアオイソメのエサ釣りでも釣れるが、外道にメバルが混じることもあり楽しみは尽きない。

投げのカレイが終盤に近づく5月からは夜釣りでアナゴが高実績となる。

こちらも数本の置き竿での待ち釣りで構わない。濁り潮の日には日中でも釣れる。シロギスの魚影はあまり濃くないが、ハゼ、メゴチは多いようだ。

また夏季から楽しめるサビキ釣りでは、アジよりウミタナゴやメバルの魚影が濃い場所として人気が高い。


PB230007.JPG
PB230014.JPG

真鶴半島 エトーボート カワハギ釣り


毎年11月に入ると気になるのが木枯らし一番。
相模湾でもボート釣りともなると風が吹くと出られないことが多い。

それでも1116日は運良く真鶴半島でボートでカワハギ釣りを楽しめた。

とはいえ、結果は小型が2匹だけと悲惨な結果終わったのだが。


真鶴のボート釣りでは原則としてアンカーはパラシュートアンカーのみ。

通常のアンカーは使用禁止。

それだけに一人だのカワハギつりは何かと忙しく難しいもの。

当日は天候も良く風も弱い北風で安心して漕ぎ出したが、案の定そうした日はアタリが少ない。

ボート店主の言う福浦漁港沖の定置網起点付近の赤い円柱ブイ回りを探索したもののほとんどアタリもなく、1時間粘って断念。

外道のベラやキタマクラも釣れなければ仕方ない。


向かったのは昨年晩秋に釣れたボート乗り場沖の近く。

水深2023m前後。

岩礁帯が多く根がかりもあるが、アタリも多い。

そこでなんとか小型を1匹釣ってひと安心。

2匹目はさらに1時間30分待ちという厳しい喰い渋り状態。

水温は海底で21度もありまだ群れが固まっていない様子。

それでも外道のベラやキタマクラが釣れれば期待が持てる。


昼直前に2匹目が釣れてなんとかなったが、型が小さい。

アタリも少なく外道も少ない状況だったが、自分の判断でポイントを移動して釣り上げたので、不思議と小型2匹だけでも満足できた。

12月中旬には爆釣りが期待できるだろう。


PB160044当日の全釣果は2匹.JPG
PB160013開始後2時間目で1匹.JPG

トンビ磯堤防 つり場ガイド


県立葉山公園の前にある小さく短い突堤がトンビ磯堤防だ。

長者ケ崎の岬が目前の絶景のロケーションだが、釣り場としては穴場的存在。

水深は浅く堤防先端付近でも2mもない。

ただ県立葉山公園は7〜8月を除けば週末でも1日500円と駐車料金は格安。

平日は無料。公衆トイレも完備され何かと便利である。

開門は朝8時からで閉門は18時となっている。


好ポイントは潮が当たる先端だが、外側はテトラポットが埋まっているため足場は悪い。

釣れる対象魚は多彩。子供連れのファミリー派に人気なのがサビキ釣りだ。

6月下旬頃から小アジやイワシ、サバが回遊する。

アミコマセを切らせなければ外道にメバル、ウミタナゴ、カマスも釣れる。

短いパックロッドでチョイ投げをすれば5月末頃からシロギス、メゴチが釣れる。海底は砂地帯が多いが、点々と海藻根があるのでうまく砂地帯に仕掛けを投入すること。エサはアオイソメで十分。


地元ベテランは4月頃にウキ釣りでクロダイを狙う。

水深は1.5m程度だが潮が濁れば高確率。

テトラ帯と磯場が混在する外海側が好ポイントだ。外道にメバルやウミタナゴが掛かる。

またテトラの隙間にサバの切り身エサを入れるとカサゴやソイが釣れるが、根がかりも多いので穴釣りの仕掛けは予備を多めに準備すること。

長者ケ崎方向に離島が見えるが、その手前までは砂地帯のため、シロギスが5月頃から高実績。

ただ凪の週末はカヌーや小型ボートが出入りするため遠投する場合は方向と距離に十分注意すること。


PB130197.JPG
PB130188.JPG

真名瀬港と芝崎埋立地護岸 つり場ガイド


葉山の森戸海岸と長者ケ崎の中間にある埋立地が芝崎埋立地護岸。その北側にある小規模漁港が真名瀬港である。
この港は左右に2本の堤防で形成されるが現在は左側の堤防は立入り禁止となっている。
実質的に釣りができるのは港内の岸壁と右側の堤防のみ。
ただ朝と昼過ぎには釣船が接岸するため落ち着いて釣りが楽しめるスペースは広くない。


ただ外周を防潮堤で囲われた護岸でも竿は出せる。

道幅は広くないが、マイカーを横付けして釣りができるので便利だ。

ただし駐車違反取り締りのミニパトが平日でも回ってくるので要注意。

できるだけ県道207号線沿いにある有料駐車場に止めた方が安心できる。

料金は1時間100円とこのエリアとしては比較的安い。

公衆トイレもバス停留所のすぐ近くにある。


港内ではウキ釣りでメジナ、カイズ、メバルが周年釣れる。

チョイ投げではシロギスやハゼが高実績だ。適度に根が点在するため仕掛けの予備は十分に用意すること。

また7月頃になるとサビキ仕掛けにアジ、サバ、イワシが掛かるようになる。

子供連れでのんびりと竿を出すには良い場所である。


芝崎埋立地の護岸は少し高い防潮堤から竿を出すことになるが、魚影は濃い。

ウキ釣りでメジナやメバル、カサゴも釣れる。

根がかりを恐れずに投げ釣りをすれば良型シロギスの他にカイズ、セイゴも高確率で釣れるから侮れない。

晩秋からはアイナメやカレイも期待できる好ポイントでもある。

また最近ではエギングでアオリイカを狙うファンも増えた。朝夕のマヅメ時に潮が動いていれば高確率で釣れる。


PB130172.JPG
PB130176.JPG

葉山あぶずり港 つり場ガイド


葉山港A防波堤の手前にある港があぶずり港である。

小型ヨット置き場と釣船の係留が多い港だが、釣り禁止にはなっていない。

ただ沖釣りの拠点として知られるものの堤防釣り場としては穴場的な存在だ。

釣りができるエリアは釣船利用客専用駐車場の岸壁周辺とヨット置き場の護岸だけと少し寂しいが、場荒れは少ない。


有料駐車場は船宿街の対面に100円パーキングある。

公衆トイレも数年前に作り替えられ清潔なトイレに変わった。

港内には釣りエサを販売する愛古堂があるが釣船客用のため朝釣船が出てしまうと店を閉めることが多いため要確認。


釣り客用駐車場護岸は駐車中のクルマに注意をすればのんびり竿を出せる。

週末でもあまり釣り人が訪れないため静かに釣り糸を垂れたい人にはオススメといえる。

ウキ釣りでメジナ、カイズ、メバル、ウミタナゴを狙う人が多い。

パックロッドでチョイ投げをするにも最適。シロギス、メゴチ、ハゼ、カワハギ、キューセンが釣れる。


ヨット置き場の護岸周辺が最も魚影が濃い。

ウキ釣りかダンゴ釣りで地元ベテランが春と秋にクロダイを狙う好ポイントだ。

水深は3〜4mと決して深くはないが潮が良く当たるため40cm級の良型が掛かることが多い。

外道にはメジナやフッコが顔を見せる。サビキ釣りでは6月下旬からアジ、イワシ、サバが回遊して針に鈴なりに掛かることも珍しくない。

春先にはメバルとウミタナゴが数多く釣れるため侮れない場所といえる。


チョイ投げでもシロギスやメゴチの他に5月頃に良型カワハギが釣れることもありハリスがシロギス用の細いものではヒヤヒヤもの。スリリングな投げ釣りを楽しめるのでオススメだ。

岸壁際を軽いブラクリ仕掛けで探るとカサゴやアイナメが釣れる。エサはアオイソメでも良いが岩イソメの方が高実績である。


PB130153.JPG
PB130158.JPG


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM